タンパク質?脂肪?炭水化物?

ダイエット, 健康

こんにちは!堺筋本町にあるパーソナルジム

トレーナーのカケルです

今回は巷でよく聞く栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物)についてのお話

みなさんダイエットをする上で気にする栄養素ありますよね。

タンパク質ガー脂質ガー糖質がー

改めてこれの説明をしていきます

・タンパク質(プロテイン)

主な働き:筋肉や内臓、肌、爪、髪の材料になる栄養素

他の栄養を運ぶ働きもあります

1g 4kcal

摂取しすぎると脂肪として蓄積(ただ他の栄養素より太りにくい)

内臓への負担あり

不足すると

筋肉量が低下

ホルモンや免疫を作れず体調を崩しやすい

適正量

体重×1〜2g

・脂質

主な働き

ホルモンバランスを保つ

細胞膜などの材料

脂溶性ビタミンを吸収する

1g 9kcal

摂取しすぎると

脂肪として蓄えられ太る

脳梗塞や高脂血症などの原因になる

不足すると

ホルモンバランスが乱れる

ビタミンが吸収できなくなる

・炭水化物

主な働き

タンパク質や脂質よりも早く使えるエネルギー源

脳への主な栄養源

肝臓や筋肉に貯蔵される

摂取しすぎると

他同様、脂肪として蓄えられる

糖尿病の危険性

不足すると

疲れやすくなる

筋肉の減少が起こる

今回上記に挙げた栄養素は3大栄養素と言われるもので

どれも過剰に取れば脂肪として蓄積され太る原因となりますが、不足によるデメリットも大きくあります

ダイエットをする上で栄養素の不足はかなり後退するので

まずは食事バランスを整えていくことが重要になります

食事に関しても当ジムでは相談に乗っていますので、気になる方はご連絡お待ちしております

パーソナルトレーニングジムTHC 堺筋本町店

大阪府大阪市中央区北久宝寺町1−1−2−701

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧